スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長妻大臣が献血キャンペーンを視察(医療介護CBニュース)

 献血者が減りがちな冬季に全国各地で献血を呼び掛ける「はたちの献血」キャンペーンが1月1日から始まったのを受けて、厚生労働省内で集団献血が行われ、長妻昭厚労相がその様子を視察した。

 この日午前10時、同省内の講堂に、東京都赤十字血液センターの職員が待機。午後4時までの間に、同省職員119人が献血を行った。午後2時には長妻厚労相が行動を訪れ、受付から問診、検査、献血、休憩を行うそれぞれのブースを、日赤の担当者からの説明を受けながら約15分間をかけて一巡した。

 冬場から春先にかけては献血者の数が減少するため、厚労省は都道府県や日本赤十字社(日赤)との共催で1月と2月の2か月間を「はたちの献血」キャンペーン期間と位置付けている。 日赤によると、2007年に献血した人の79.3%が50歳未満で、10歳代から20歳代までの献血者は29.6%だった。一方で、東京都では輸血用血液製剤の84.9%が50歳以上の患者に使用されており、若い世代からの献血が高齢者医療を支えている現状だ。日赤では「本格的な少子高齢化を迎えるに当たって、より幅広い年代層による献血の協力体制が必要」としている。


【関連記事】
新型インフルによる血液製剤の回収が増加
都道府県代表者らが献血推進で協議
献血後に新型感染判明、日赤が血液製剤を回収
新型インフル対策で英国滞在者からの献血制限緩和へ―日赤
日赤などが「はたちの献血キャンペーン」

v14403h2のブログ
ジロリアン魂
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理無料相談
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。