スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<食品安全委>こんにゃくゼリー「事故頻度はあめと同程度」(毎日新聞)

 のどに詰まらせる事故の多い食品の安全性を審議している国の食品安全委員会の作業班は13日、こんにゃくゼリーについて「一口あたりの窒息事故頻度は、あめ類と同程度と推測する」との見解案をまとめた。作業班は今後、事故を減らすための提言をまとめる。

 作業班は、国内外の窒息事故の統計情報や、個々の食品の物理的特徴などを分析。食品ごとに一口あたりの相対的な窒息事故頻度をはじき出した。その結果、餅が最も事故の頻度が高く、あめ類、パン、肉類、魚介類、果実類、米飯類と続いた。

 食品安全委員会によると、こんにゃくゼリーが原因の死亡事故は95年から08年7月まで22件報告されている。作業班は「リスクを科学的に評価することは困難」としながらも、事故件数などを踏まえ、危険性はあめ類と同程度と推測できると結論付けた。

 また、作業班は、15~64歳の窒息事故が極めて少ないことに注目。事故の大きな要因として、摂食機能が発達途中の小児や、かむ力が低下した高齢者など、「事故の大きな要因は年齢にある」と指摘した。事故防止には、食べる際に一口の量を減らすことが重要としている。【江口一】

【関連ニュース】
餅:路上生活の高齢男性、のどに詰まらせ窒息死…埼玉・蕨
トランス脂肪酸:表示義務づけ検討を指示 福島消費者相
クローン食品は大丈夫?/1 クローン家畜が生まれている
窒息死:善意の餅を食べ死亡--埼玉・蕨の路上生活者
釧路市動物園:「タイガ」死ぬ 障害抱えたアムールトラ

「うるさい、しゃべることない!」捜査にいらだつ小沢氏側近(産経新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
センター試験 全国725会場で始まる(毎日新聞)
宮崎・内閣法制局長官辞任、後任に梶田次長(読売新聞)
<ロケット花火>誤って着火、知人男性やけど 名古屋(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。